(前回の続き)

鎌倉文学館

高徳院の大仏さまを後にして次に向かったのは、同じく長谷にある鎌倉文学館です。実は今回の鎌倉散策、一番の目的地はココでした。銭洗弁財天や大仏さまと比べて見学客はごくわずかで、とても落ち着いた雰囲気の中で見学することができました。本当に「穴場」といった感じの場所です。

鎌倉文学館
DSCF2982_convert_20130502001109.jpg

ここは鎌倉にゆかりのある数多くの作家・文学者に関する資料を展示した施設なのですが、私が是非見てみたかったのは、文学関連の展示物ではなく、実は文学館の建物の方でした。

先日の記事(4/3)で、目黒区駒場にある旧前田侯爵邸、前田家16代当主の前田利為(としなり)が造営した和洋館を紹介しましたが、今回訪れた鎌倉文学館は元々、駒場の本邸建造から数年後に利為が鎌倉長谷にあった前田家の別邸を、全面改築して建てた西洋館でした。先日の前田侯爵邸訪問の後、関連情報をネットで色々と調べていたところ、現在の鎌倉文学館が前田家と関連のある建物だということを初めて知りました。

それから今回、この建物を訪問したかった別の理由がもう1つあります。
今年初め、フジテレビで市原隼人主演のドラマ「カラマーゾフの兄弟」が放送されていました。

カラマーゾフの兄弟(フジテレビ)

毎週、ドラマを見ていたのですが、悪の権化のような父親と、父への憎悪を抱く3人の兄弟が暮らす豪邸として、鎌倉文学館の建物(外観と庭園)がロケ場所として使われていました。ほぼ毎週、邸宅の風景がテレビ画面に映し出されていたこともあって、是非一度、実物の建物を間近で見てみたい、という気持ちもあって今回、念願叶っての訪問となりました。ドラマではカラスが群れる不気味な館という設定でしたが…。

緑に囲まれた石畳の坂道を上がり、正門と受付を通って先に進むと、小さなトンネルがあります。この坂やトンネルも、ドラマの中で3人の兄弟たちが何度も通っていた場所でした。

DSCF2979_convert_20130430222422.jpg

DSCF2983_convert_20130430222459.jpg

DSCF2984_convert_20130502001142.jpg

DSCF2988_convert_20130430222534.jpg

さらに坂道を上ってゆくと、その先に文学館の建物がいよいよ見えてきました。初物にお目にかかる瞬間は、いつも胸が高まります。

DSCF2992_convert_20130430222641.jpg

DSCF3002_convert_20130430222938.jpg

DSCF3020_convert_20130430223030.jpg

まずは文学館の館内の見学から…。南向きに面した明るい部屋、そこから臨める緑の広い庭と、はるか前方に見える海の眺望が最高です。床のモザイク模様や飾り窓の装飾など、館内の随所に華やかなデザインが施されていて、その中でも特に、各部屋の壁にはめ込まれた、様々な色ガラスで構成されたステンドグラスがひと際、目を引きました。

何とも素晴らしい館内の様子ですが、こちらの文学館は館内の写真撮影がNGのため、残念ながら今回は“心のフィルム”に思い出を記録してきました…。ちなみに館内の入口付近に「カラマーゾフの兄弟」のポスターも貼ってありました。


館内の見学を終えたあと、今度は屋外に出て建物の外観をじっくり見学。建物は3階建てで、1階は鉄筋コンクリート造、当時鎌倉の別荘建築物に多用されたタイル貼りの外壁が特徴なのだそうです。2階・3階は木造、張り出しの出窓、半円形の欄間の飾り窓、ベランダの手摺など洋風のデザインが施されていますが、瓦葺の屋根や深い軒(のき)の形状など和風の特徴も見られ“和洋折衷”的な建物です。

まず建物の北側に回って外観を見学。丸窓の飾りが何とも洒落てます。関係者専用の入口の脇には、何やら立派な文字が刻まれた金属板が置かれていました。

DSCF2994_convert_20130430223106.jpg

DSCF2997_convert_20130430223302.jpg

DSCF2998_convert_20130502002241.jpg

DSCF2995_convert_20130502002305.jpg

次は開放的な芝生の広がる南側のお庭に出て、建物の正面を鑑賞しました。本当に風格のある、鎌倉の地に相応しい洋館です。

DSCF3021_convert_20130430223803.jpg

DSCF3032_convert_20130430224020.jpg

DSCF3031_convert_20130501223654.jpg

DSCF3038_convert_20130430224108.jpg

DSCF3011_convert_20130430231815.jpg

DSCF3042_convert_20130430224241.jpg

広い庭の先にはバラ園があり毎年5~6月には「バラ祭り」が開催されるそうです。バラの花が咲き誇る季節に、改めて訪れてみたいものです。そんな気持ちにさせるほど、この館には人を惹き付ける魅力があります。

DSCF3043_convert_20130430224300.jpg

ちなみに、文学館に至る石畳の坂道が始まる所に、立派な門構えの大きなお屋敷があります。何気なく表札を見ると「前田」というお名前が…。門の奥には桜の花が満開でした。



鎌倉文学館を後にして次の目的地に向かう道すがら、鎌倉の老舗店「こ寿々」に立ち寄り、名物のわらび餅を頂きました。やはり鎌倉に来たからには、甘味を欠かすことは出来ません。

DSCF3063_convert_20130430224947.jpg

DSCF3061_convert_20130430224921.jpg


鏑木清方記念美術館

最後に向かったのは、鎌倉観光の中心地、観光客でごった返す小町通りを一歩路地に入った場所にある、
鏑木清方記念美術館です。

鏑木清方記念美術館

明治期の日本画家の中でも、特に清方は昔から大好きな画家の1人で、こちらの美術館も初めての訪問となります。かつての自宅を改装した美術館と聞いていたので、かなりこじんまりした美術館なのかな…と勝手に想像していたのですが、天井の高い展示スペース以外にも、映像ブースや庭に面した休憩スペース、それに清方が利用していた画室などもあって、十分に清方の芸術を堪能しました。かなり以前、展覧会で見て印象に残った「嫁ぐ人」「一葉女史の墓」などの作品も、久しぶりに鑑賞することができました。

DSCF3070_convert_20130430225216.jpg

DSCF3078_convert_20130430225235.jpg

DSCF3073_convert_20130430225257.jpg


美術館を鑑賞し終え、鎌倉駅に向かう小町通りの雑貨店で、ある商品を見つけてお土産に買いました。
「モヤモヤ~」としたあの番組を見ている方なら、きっとご存じですよね?

DSCF3080_convert_20130430225746.jpg

本当に見所の多い鎌倉、季節の良い時期にまた改めて訪れてみたいと思います。

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック