(前回の続き)

渋谷の金王八幡宮を参拝した後、いよいよ今回の散策の最終目的地である上野に向かいました。

上野駅に到着したあと、東京国立博物館(通称トーハク、1089)に向かう前に、先月オープンしたばかりのJR上野駅横のUENO3153(うえのさいごーさん)に行ってみました。テレビの情報番組で、建物の屋上が西郷隆盛像のある広場に直結していると聞いていたので、エレベータを上がって屋上へ、すると目の前にスッくと立つ西郷さんの雄姿が…。
(下の銅像、白黒モードで撮影してみました)

DSCF5074_convert_20121026181751.jpg

西郷隆盛像は、彫刻家の高村光雲の代表作の1つですね。この銅像の制作時、西郷さんの本人が写った写真が残っていなかったため、実弟の西郷従道と従弟の大山巌の特徴を参考に像が造られたものの、完成した像を見た親族が生前の西郷さんと全く似ていないと証言したエピソードは、かなり有名な話しです。西郷さんの真の姿をめぐっては、作家の加治将一さんが大胆な説を展開しています。私も何冊か本を読みましたが、その真偽はともかく、何やら幕末動乱期の背後には大きな陰謀が隠されているようです。

話しが逸れましたが、いよいよトーハクの「出雲展」に向かいました。

DSCF5121_convert_20121026175937.jpg



DSCF5151_convert_20121026180028.jpg

東京国立博物館 出雲展

トーハクには今年5月の「ボストン美術館展」以来の来訪となります。前回は、日本では滅多にお目にかかれない貴重な作品が集まった大企画展でしたので、平日にもかかわらず入館までに1時間以上待たされましたが、今回はスンナリと入れ、周囲の人をかき分けることもなく余裕をもって鑑賞することができました。

展示会場には、出雲大社に近い遺跡から大量に発掘された剣や鉾、銅鐸が数多く展示されていました。どれも保存状態がよく、国宝級の品々が整然と並ぶ様は壮観でした。その他の展示物の中でも特に目を見張ったのが、かつて出雲大社に造営されたとされる高さ50メートル近くの神殿の柱跡=宇豆柱(うずばしら)と、古代神殿の見事な復元模型でした。古代神殿については、実際に模型を目の前にして全貌を眺めると、そのスケール(模型の10倍の大きさ!)と古代の建築技術の高さにつくづく驚きました。天空の神々に少しでも近づきたいという、古人(いにしえびと)の思いが伝わってくるようでした。

実は今回、会場の展示物以上に、出雲旅行をする上で非常に参考になるものを鑑賞することができました。それは展示会場1Fの階段を降りた地下1F、ミュージアムショップのそばの奥まった場所に設置された、簡易映像ブースで流れていた映像でした。展覧会に来た人の中でも、このブースで映像を見ていた人は、かなり少なかった様子でした。

今回の出雲旅行では、絶対に欠かすことができない目的地が3か所あるのですが、そのうちの1つが、境港の近郊に位置する美保神社です。旅行初日、空港に到着してまず一番最初に向かう目的地でもあります。

美保神社

上記のサイトでも紹介されていますが、神社で行われている祭事に「青柴垣神事」「諸手船神事」というのがあります。いずれも、大国主命の国譲りに出てくる事代主命(ことしろぬしのみこと)のエピソードに因む、神話に基づいた非常に珍しい神事です。書籍等を読んで知ってはいたのですが、神事の一連の流れを分かりやすいナレーションも交えて、実際の映像として見たのは初めてでした。この映像は本当に予想外の収穫でした。

そういえば以前読んだ本の中で、長者番付の常連で有名な斎藤一人さんが「旅の面白さは、知識の量に比例する」という言葉を語っていました。一年中、全国各地を巡っている一人さんならではの言葉、私にとってはとても大切な言葉となりました。何も知らなければ通り過ぎてしまうような場所や土地に、本当は宝石のような真実が隠れていたりする…。出雲の地では一体どんな出会いが待っているのか、いよいよ楽しみになってきました。

コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック